階段昇降機とはどんなものなのか

階段昇降機とは階段の昇り降りを助けるリフォーム用福祉機器です。あまり馴染みのない方は駅の階段で手すりの横に設置させている機械をイメージするかもしれません。足腰が弱ってきた、膝などの関節の痛みを感じるという際には階段の上り下り動作はとても負担です。また、階段昇降はバランス感覚も必要とする運動ですので、段を踏み外したり、よろけてしまうことで転倒の危険性も高く重大な怪我にも繋がりかねません。利用者が安心して階段を上り下り出来るようにサポートする機械として、駅などの公共施設だけでなくオフィスや自宅などでも活用されています。特に、リビングや台所などの主な生活スペースが2階にある住宅も増えており、階段の上り下りが辛くなっても生活を行う上で必須の運動となっている方もいます。

駅で使うだけじゃない、昇降機の種類について

昇降機には利用者や利用する場所に合わせて2種類のものがあります。いす式階段昇降機は、歩くことはできるけれど、階段を上るのは辛いという方が椅子に座ったまま階段を上り下りできるというものです。コンパクトであるため、自宅階段などの狭いスペースにも取り付け可能です。取り付けには昇降機が走行するためのガイドレールが必要ですが直線型、曲線型とあり、自宅の階段の形に合わせて取り付けることができます。また、内回り設計、外回り設計もあるので基本的にどのような階段にも取り付け可能です。簡単な操作で起動ができるのでひとりで乗り降りして利用することができます。一方、車椅子用階段昇降機は車椅子ごと昇降機での移動が可能ですが、後方からオペレーターが操作する仕様になっており、介助者が必要です。

こんな人が昇降機を利用しています

昇降機を自宅で利用している方は高齢者だけではありません。脳卒中などで運動麻痺の後遺症を負った方や、心臓など内科的な病気により激しい運動を制限されている方、ケガなどで身体に障害を負った方など様々です。もちろん、足腰の弱りを感じ腰や膝を痛める前に転倒予防、介護予防として元気なうちに昇降機を使い始める方もいます。一人暮らしの高齢者の自宅には昇降機を設置することで本人の安全が確保されるだけでなく、家族の安心を得ることもできます。また、突然障害を負った方は階段の上り下り動作が達成されないことで自宅での生活が出来なくなることもあります。そんな時にも階段昇降機を設置することで自宅復帰が可能となるケースもあります。体への負担を減らしたり、日々の安全を守るだけでなく、住み慣れた家で生活が継続できる手助けとなります。

京都本社にて試乗可能な介護用品は大きく分けて3つとなっております。 福祉用具購入に関してご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。 「笑顔と真心と信頼」を常に忘れずお客様へお届けいたします。 階段昇降機の設置する階段に対してタイプがございますのでお気軽にご相談下さい。 足が不自由な方でも階段昇降機で安全に昇り降りが可能です。 当社の工事例を随時更新しておりますので、ぜひご覧になって下さい。 階段昇降機で身体への負担を減らそう