階段昇降機にかかる費用はどれくらいか

ご自宅の階段の形状によって、階段昇降機を設置する費用が異なります。直線の単純な形状に近ければ近いほどコストは低く抑えられ、曲線が多くなる形状であればコストがかかる傾向にあります。しかし、ホームエレベーターを設置すると工事費用と本体価格を合算すると500万円程度となるのに比べると、階段昇降機を設置する費用は大幅にコストが低く抑えられますので、多くの方に支持されています。また、自宅に居住しながら設置工事をすることができますので安心です。近年はバリアフリー化の設備工事については補助金を支給する自治体もありますので、お住いの地区の役所に相談してみるのも良いでしょう。ローコストで快適な移動手段を実現できるため、おすすめの設備であるといえます。

直線の階段なら50万円台から可能

椅子式の階段昇降機は、階段の上にレールを設置していく方法で取り付けが行われます。そのため形状が単純なほどコストは低く抑えられると言えます。直線的な形状の階段に設置する場合は50万円代から可能としている業者も見られます。設置する場所の状況によって工事費用が異なる場合もありますので必ず現地調査が必要です。その後、ご自宅の階段の形状に合わせた設計が出来上がり、どの程度の費用がかかるのかがわかります。設置についてご納得いただけたら発注という流れとなります。曲線の多い形状の場合では設置費用がやや高くなり、120万円前後となるものと考えて良いでしょう。それでもホームエレベーターと比較すると大幅に安いものです。費用に関しては実費の支払いとする場合とレンタルが選べる場合もあります。

自由に動ける環境ができることは価格以上の価値を生み出す

決して安いという価格帯の製品ではありませんが、体の不自由さで1階と2回との行き来が困難であった状態を解消するという観点では、価格以上の価値がある住宅設備であると言えます。足腰が弱ってきた高齢者の方だけでなく、ケガをして歩行が困難となった場合などにも役に立つ設備です。住宅のバリアフリー化は、これからのスタンダードな考え方となっていくものと考えられます。2階に移動がしやすくなることで利便性が大きく向上します。階段昇降機によって、生活の質がアップすることが見込まれると言っても良いでしょう。これからも設置する家庭が増えてくるものと見込まれます。まずは専門の業者に見積もりを出してもらい、設置について検討を進めていくことをおすすめします。階段は危ない場所ではなくなり、快適な場所へとかわります。