階段昇降機のおすすめの選び方を紹介します

筋力が低下した高齢の方や、足の不自由な方など、階段の昇り降りに支障がある場合にとても役に立つのが階段昇降機です。多くのメーカーが製品をリリースしておりますので、自宅の階段に適したタイプを豊富な種類の中から選べるようになっています。どのようなタイプが自宅の階段に適合するのかは、専門の設置業者に依頼して調査してもらうことが重要です。階段昇降機を正しく設置することによって、家の中の移動が楽になり快適性が保てますし、転倒や転落などでケガをする可能性も低くすることができます。住宅のバリアフリー化は、住み慣れた家でずっと過ごしたいと願う方にとって重要な工事となりますので、より良い工事を実施してくれる業者や信頼できるメーカーの製品を選びたいものです。

屋内の階段にはベーシックなタイプがおすすめ

階段には直線のタイプと曲線のタイプがあります。一般的に施工価格の安いのは直線型で、工期も1日で完了と短伊野が特徴です。ベーシックな直線タイプでも基本性能は充実しており、広い座面を確保したものや乗り降りが楽になる座面回転などの便利機能が搭載されている機種もあります。また健常者の方が階段を昇り降りするのに支障がないように、レールも強度を保ったまま薄く加工された製品もあります。室内の雰囲気に合わせてカラーも選べるようになっているなど、デザインに関しても考慮されている製品が多く見られます。基本的な性能はリーズナブルなモデルでもしっかりと確保されていますので、安心して利用することができます。シートベルトや自動停止装置などの安全面への配慮もされており、心配がありません。

屋外用や車椅子対応などの高機能タイプも選択できる

傾斜地に建つ住宅は、玄関までのアプローチに階段を昇る必要のあるケースが多く見られます。健常者であれば何ら問題ありませんが、階段の昇り降りが出来ない方にとっては大きな支障となります。そのような場合にも屋外用の階段昇降機が用意されています。屋内での仕様と異なり、風雨などへの対処も必要であるために、ややコストは高くなりますが、漏電防止装置や屋外カバー、防雨処理などで安心して使用することが可能です。車椅子での移動が主体の方には、車椅子のまま利用できる階段昇降機もあります。高い安全性が求められる製品ですが、非常停止装置や障害物検知装置など、充実した安全対策が施されていますので、親愛なく利用できます。曲線階段に対応したタイプや、スピード調節機能がついたタイプ、誤操作防止装置など、好みや同居家族の実態に応じた機種も選べます。快適な家庭生活の実現のためにぜひ設置を検討してみてください。