階段昇降機を付けるメリットとは

上下階の移動が困難になってしまった人でも、階段昇降機によって移動の制限が少なくなり生活に快適性を取り戻せるということが階段昇降機の大きなメリットです。階段にレールを敷設し、その上を電力でスライドする椅子を取り付けるという比較的シンプルな構造ですので、コストも抑えられます。昇降機としてはホームエレベーターという選択肢もありますが、設置スペースや工事費用、本体価格などさまざまな部分で後付とすることは難しいものです。既存の住宅に設置が可能で、居住したまま工事を進めることができるということも大きなメリットと言えます。現時点では昇り降りに支障を感じていない人も、将来を見越して設置するという例も見られるようになりました。バリアフリー化の工事となりますので、自治体によっては補助金の対象となるケースもあります。

階段を安全に昇り降りができるようになる

自宅の中で発生するケガは、階段で発生することが多いとされています。段差や高低差があるため、点灯してしまうと骨折などにつながるケースも見られ、特に足腰の弱ってきた高齢者にとっては十分に気をつけなければならない場所です。その危険性を考えて、ある程度の年齢となったら2階への移動をそもそも諦めてしまうという高齢者の方もいらっしゃいます。その場合には2階の部屋のスペースが無駄になってしまい、手入れもままならなくなるという心配もあります。階段昇降機を取り付けることによって、諦めていた2階への移動が楽に安全にできるようになりますので、家の中のスペースを有効に活用できるようになります。また、寝室が2階にあるという場合でも自分の足で昇り降りしなくて済みますので安全です。

自宅を広く使えるようになるというメリット

多くの一戸建ての住宅は2階建てとなっており、1階にはリビングやキッチンなど、そして2階に寝室というレイアウトが多く見られます。高齢のために階段の昇り降りができなくなってしまうと全ての生活を1階のスペースで済ませるためにベッドをおろしたり、生活用品を全て1階に集約したりと、手狭になってくるものです。そこで2階への移動を簡単にする階段昇降機を設置することで、1回ですべての生活を行うということの不便さから解放されます。2階へ上がることも1階へ下りることも簡単となりますので、生活動線が健康な人と同じようになり、家の中を有効活用できるようになるというメリットが生まれます。設置費用は、ホームエレベーターと比較すると大幅に安く安心ですので、ぜひ工事業者に相談をしてみてください。